インターネットバンキング
個人のお客様
ログインご利用案内
法人のお客様
ログインご利用案内
インターネットバンキング
ログインご利用案内
個人ローン
インターネットによるお申込み(仮審査)
ローンシミュレーション
創業サポートデスク

長岡信用金庫について

リスク管理体制
s_illust05.gif

  • 当金庫では、リスク管理を経営の最重要課題の一つとして位置づけ、多岐にわたる様々なリスクの把握と適切な管理を通じて、経営の健全性確保と収益の向上を図っています。
  • 当金庫のリスク管理体制は、理事会を最終意思決定機関、ALM委員会とリスク管理委員会をリスク管理統括部署として位置づけ、リスク毎に担当部署が管理要領等を制定し、常時リスクの把握、管理に努めているとともに、法務監査部がリスク管理状況の検証を実施し、金庫全体のリスク管理の高度化に努めております。

平成19年7月1日現在

risk.gif
  • 信用リスクとは、お取引先の財務状況の悪化等により、貸出金など元本や利息の回収が困難となり損失を被るリスクのことです。
  • 市場関連リスクとは、資産(貸出金、有価証券)・負債(預金)双方の金利変動に伴う「金利リスク」と債券や株式などの価格変動がもたらす「価格変動リスク」のことです。
  • 流動性リスクとは、財務状況の悪化や市場の混乱等により資金繰りに支障が生ずる等の損失を被るリスクのことです。
  • オペレーショナル・リスクとは、事務処理が厳正適格でないときに生まれる事務リスクやコンピュータシステムのダウン、誤作動等によって被るシステムリスク、法務リスク、人的リスク、有形資産リスク、風評リスク等のことです。

 

前に戻る
ページの先頭へ戻る